行政書士試験に補正措置がされたとしても…

スポンサーリンク

行政書士試験に補正措置がされたとしても…

先日、H26年度の行政書士試験に補正措置がされたことに関して持論を記事に書きました。

⇒H26年度行政書士試験の補正措置について思うこと

記事に書いた私の気持ちは今もこれからも変わりませんし、やはり今回の行政書士試験の補正措置に関しては、それなりの反響があったように思います。

行政書士試験に補正措置がされたとしても…

「補正措置なんて…なんだか納得がいかない」

「なんだかやる気が起きなくなった」

「行政書士試験…諦めようかな」

 

みんな色々な気持ち、意見があるでしょう。

今回は、

「まだもやもやしている」

「なかなかリスタートをきれない」

そんな人たちに対しての私からの応援メッセージです!!

 

もう一度考えてみよう

 

応援と言っても、

「頑張れ!!!!!!!!!!!」

とか言う訳じゃありませんw

 

もしあなたがまだ「再チャレンジしよう!」と心の中から思えず、勉強に集中すること時間が設けられていないのなら、

無理に始めようとせず、一度、もう一度、「行政書士試験を受ける必要性」を考え直してみたほうがいいかもしれません。

「何をもう2月にもなって…」

と思うかもしれませんが、

根本がブレていたら本質の部分を取り逃がす事になる=また不合格への道のりを歩んでしまう

ということになりえるからです。

 

依存しているうちは合格出来ない

 

そして自分の中でやはり「行政書士試験の合格」「行政書士の資格」が必要だと思うなら、

自分は行政書士試験に合格する為に何かに依存していないか考えてみて下さい。

 

予備校に通っている人なら、

「予備校に通えば合格させてもらえる」とか、

テキストを選ぶとき、

「合格者が使っている、合格出来るテキストはどれだ」とか、

こんなこと少しでも思った自分はいませんでしたか?

 

勘違いしてはいけません。

 

声を大にして言わせてもらうと…

合格は予備校がさせてくれるものではありません!

合格はテキストがさせてくれるものではありません!

合格は自分の手で掴み取るものです!

 

要因は全部自分にある

 

行政書士試験に目指そうと決めたのも自分。

行政書士試験の勉強をするのも自分。

行政書士試験に不合格となったのも自分。

行政書士試験に合格となるのも自分。

 

全部、自分なんです。

だってそうでしょ?

不合格となったことをテキストのせいにするんですか?

不合格となったことを予備校のせいにするんですか?

 

そもそも不合格となったことをテキストや予備校のせいにしても意味ないですよね。

不合格という事実を突きつけられるのは結局は自分な訳ですから。

つまり、合格は「自力」でしか掴み取れないものであり、合格、不合格の責任は全て自分に帰属するということです!

 

だから今回の補正措置のような外的要因を自分のやる気が起きない要因にしても何の意味もないんです。

 

決めるも自分、歩むのも自分。

その結果を受け取るのも、もちろん、自分。

だからこそ合格という結果が格別のものとなるのです。

 

だからこそ自分で決めなければいけない

 

だからリスタートの段階において、自分自身で「再チャレンジ」を決断出来ないようでは、これから先の険しい道のりを正しく進んでいくことなんて出来ないんです。

もちろん、誰かに背中を押されて…なんていう状況もあるでしょう。

しかし、あくまでも実行するのは自分ですし、その結果を受け取るのも自分ということは忘れてはいけません。

 

行政書士試験は相対評価の試験です。

180点以上獲れば合格です。(補正措置で厳しくなることは…ないでしょう…)

敵(行政書士試験)を知ることは大切ですが、

本当の敵は自分自身なのです。

 

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
クリックしていただけると記事更新の励みにもなります!

 

P.S.

応援という感じの記事ではなくなってしまいましたが…ww

それだけ責任感を抱えて、意気込みをもって、「合格してやる!」って人を私は応援したいですし、そうは思っていても、「たまに不安になる」「たまに弱音を吐きたくなる」なんて人のことも応援したいと思ってます!

⇒ところでH26年度行政書士試験の分析ってしましたか?

⇒私が使用したフォーサイトの口コミ、評価

⇒再受験者への注意喚起~私も陥った2年目の罠~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

独学者の輪~無料会員コミュニティ~

独学者の輪

最短で180点をクリアする勉強法

<まずは気軽に無料相談>

無料相談

過去問についての記事

  1. 危険度は

    行政書士試験の過去問に対する勘違い。あなたの危険度は?

    資格試験において過去問の重要性はもはや説明の必要もないでしょう。 それは行政書士試験においても…
  2. 行政書士独学勉強法

    独学者なら知っておきたい。過去問から学ぶべき4つのポイント

    資格試験を合格するためには、過去問が重要なものになることはもはや当たり前。 大事なのはどのよう…
  3. テキスト六法って買い直すの?

    行政書士試験 再受験者の悩み!テキスト、六法って買い直すの?

    行政書士試験に何度も挑戦したことがある人、又はこれから2回目、3回目の挑戦を考えている人。 み…
  4. 行政書士試験過去問の捉え方

    独学者へ届け!行政書士試験の過去問の捉え方。

    以前にもお話ししました。 いわゆる「過去問を制するものは資格試験を制する」…
  5. 六法との付き合い方

    愛すべき”六法”との付き合い方

    巷では、行政書士試験に合格する為には「六法なんて必要ない」みたいな意見も目にします。 あなたは…

<業界最安値>充実のeラーニング付き

スポンサーリンク

アンケート実施中

あなたが一番不安な科目は何ですか?

View Results

Loading ... Loading ...

ピックアップ記事

  1. 合格物語
    お疲れさん。よく頑張ったよ! 家族に迷惑をかけてしまったり。自分の好きな事…
  2. 無料メルマガ
    季節は移ろい、日に日に暖かくなり、と思ったらまた突然寒くなったり。 受験生…
  3. 行政書士独学勉強法
    行政書士試験に独学で挑むというと、 「一切予備校などの力を借りずに自分だけで頑張る」 …
  4. 今回は行政書士試験の本番まであと1週間となったときの心構えのお話です。 まだまだここから成長で…
  5. メルマガ届かない
    こんにちは。 デメキンです。 「メルマガ登録したのに何もメールが届かない」 こんな…
オススメ模擬試験
ページ上部へ戻る