早い段階からするべき!試験形式でのトライ。

スポンサーリンク

試験形式での勉強は絶対早くからするべき

 

「まだ全部テキストを読んでないから…」

「試験範囲の勉強がまだ全部終わってないから…」

「まだまだ知識が少ないから…」

 

独学者のみなさん。

こんな感じで3時間形式での実践さながらに問題を解くことを避けたりしてませんか?

試験形式での勉強は絶対早くからするべき

 

法律系初学者であればあるほど、こんなことを思っているのじゃないでしょうか。

 

実は、勉強を開始した当初は私も、

「全然わかってないのに試験形式でやっても時間の無駄でしょ…」

こんな風に思っていました…

 

試験形式での勉強は早くからするべきである

 

しかし!

この法律系初学者がつい避けてしまう「試験形式での勉強」っていうのは、今になって思えばどんどん行うべきなんです。

 

憲法や商法をまだ勉強してなくても?

 

構いません。どんどんやるべきです。

 

記述なんて全然答えられなくても?

 

まったく問題ありません。やるべきです。

 

とにかくどんどん試験形式で3時間と時間を決めて本試験のつもりでやるべきです。

問題はいつの過去問でも構いません。どんどんやるべきです。

※直近の過去問なら一般財団法人行政書士試験研究センターのHPにあります。

私の感覚で言うなら、一ヶ月に一回くらいのペースで試験形式でやる時間を作ってもいいと思います。

 

なぜ試験形式の時間を作るべきなのか

 

なぜ私がこんなに強烈に試験形式での勉強を勧めるのか。

理由は3つ。

  • 3時間の集中
  • 自分で頭を使って考える
  • 3時間(180分)への慣れ

これです。

 

まず「3時間の集中」ですが、これは大前提として、3時間本試験のつもりで本気で点数を獲るつもりで取り組むということが必要です。

そうすれば、普通に3時間テキストや過去問を解いて勉強するよりも遥かに集中して取り組むことが出来る、というより取り組まなければいけないはずです。

普段より集中して取り組むことが出来るということは、普段より問題を真剣に解く姿勢になるということであり、決して無駄な時間となることはありません。

そして「自分で頭を使って考える」ということに繋がってくるのですが、普段より問題を真剣に解く姿勢の中で、試験形式な訳ですからテキストを見ることは許されません。

っていうかテキスト見ちゃってたら、試験形式じゃなくなっちゃいますからねw

テキストを見れないということは、3時間は自分の頭のみで考えて解答を出さなければいけないというわけです。

これは力になりますよ~

3時間が終わる頃には、頭がかなり疲れている状態のはずです。

しかし、この自分の頭のみで真剣に考える作業は確実に頭を鍛えてくれますし、後々復習したときには、普通に勉強しているときよりも確実な知識となってくれるのです。

このときのポイントは、3時間試験形式の勉強を行って疲れたかもしれませんが、その後にしっかり復習をすることです。

ですから出来れば、試験形式の勉強をする日は一日中空いている日に行うことが理想かもしれませんね。

そして最後に「3時間(180分)への慣れ」ですが、本試験の180分という闘いの時間に慣れておくことは重要です。

もちろんシュミレーションを何回やっても、本試験の緊張感はまた違ったものになるでしょうから、「これでOK!」ということはないでしょう。

しかし、試験形式での勉強を繰り返していくことで、180分間の自分なりの闘い方を作り上げていくことが出来るはずです。

合格するためには、本試験の180分間で最高のパフォーマンスを発揮しなければいけません。

つまりこの180分間の闘い方を作り上げていく作業は、合格するための必須作業ということなのです。

 

以上3つが、私が試験形式での勉強を強烈にオススメする理由になります。

 

真剣に取り組む180分間とその後の復習

 

いずれにせよ、注意しなければならないことは、試験形式で3時間と時間を決めて取り組むにあたって、真剣に点数を獲るつもりでやらなければならないということです。

だらだらと3時間ただ単に問題を解いていくだけじゃ、意味がありません。

そしてその真剣に取り組んだ3時間の結果に対して、しっかりと復習することが大切です。

やりっ放しじゃ意味がありませんからね。

復習は出来ればその日のうちに取り組みたいところです。

全部とはいわずとも、気になった問題だけでもその日のうちには復習して解決しておきたいところです。

なぜなら、その日のうちに復習するのと次の日に復習するのでは、気になった問題に対する熱量に差が出てしまい、自分の知識としての身に付き具合にも差が出てくるからです。

ですから復習は出来るだけ早いうちに行いましょう。

この辺は勉強する上でのセルフマネジメントにも繋がってくる話しだと思います。

 

試験形式での学習。

騙されたと思って是非試してみた下さい!

 

◇次にオススメの記事◇↓↓↓

独学者は絶対参加するべき!~無料講義のススメ~ 

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
クリックしていただけると記事更新の励みにもなります!

独学者と予備校生の違いとは?お金を払って何を得る?

勉強時間マネジメント

行政書士は食えるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

独学者の輪~無料会員コミュニティ~

独学者の輪

最短で180点をクリアする勉強法

<まずは気軽に無料相談>

無料相談

過去問についての記事

  1. 危険度は

    行政書士試験の過去問に対する勘違い。あなたの危険度は?

    資格試験において過去問の重要性はもはや説明の必要もないでしょう。 それは行政書士試験においても…
  2. 行政書士独学勉強法

    独学者なら知っておきたい。過去問から学ぶべき4つのポイント

    資格試験を合格するためには、過去問が重要なものになることはもはや当たり前。 大事なのはどのよう…
  3. テキスト六法って買い直すの?

    行政書士試験 再受験者の悩み!テキスト、六法って買い直すの?

    行政書士試験に何度も挑戦したことがある人、又はこれから2回目、3回目の挑戦を考えている人。 み…
  4. 行政書士試験過去問の捉え方

    独学者へ届け!行政書士試験の過去問の捉え方。

    以前にもお話ししました。 いわゆる「過去問を制するものは資格試験を制する」…
  5. 六法との付き合い方

    愛すべき”六法”との付き合い方

    巷では、行政書士試験に合格する為には「六法なんて必要ない」みたいな意見も目にします。 あなたは…

<業界最安値>充実のeラーニング付き

スポンサーリンク

アンケート実施中

あなたが一番不安な科目は何ですか?

View Results

Loading ... Loading ...

ピックアップ記事

  1. 合格証(横)
    この行政書士試験独学合格体験記もNO.7まできました! いよいよ第二回目の挑戦本番です。 …
  2. 六法との付き合い方
    巷では、行政書士試験に合格する為には「六法なんて必要ない」みたいな意見も目にします。 あなたは…
  3. 大晦日
    2014年。今年も最後の1日となりました。 大晦日ですね。 みなさんいかがお過ごしでしょ…
  4. 上昇曲線
    行政書士試験を受験しようと決意(そんな大袈裟なものでもないけれど)した時の自分と…
  5. 合格証(横)
    二回目の試験にも不合格。。。 ただ単に力不足だったという結論に達した私。。。 前回の記事…
オススメ模擬試験
ページ上部へ戻る