パレートの法則から考える行政書士試験の合格率

スポンサーリンク

パレートの法則

さぁ合格発表まであと数週間となりました。

H26年度の行政書士試験の合格率は何パーセントとなるでしょうか。

ドキドキワクワクな人もいるのでしょうね!楽しみですね!

 

さて。今回はH27年度の行政書士試験の合格を目指している人へのちょっとしたお話です。

パレートの法則

突然ですが、みなさん「パレートの法則」ってご存知ですか?

 

80:20の法則

 

パレートの法則とは、

パレートの法則(パレートのほうそく)とは、経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説。80:20の法則、ばらつきの法則などと呼ばれることもあるが、本来は別のものである。イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が発見した冪乗則である。経済以外にも自然現象や社会現象等様々な事例に当て嵌められることが多い。ウィキペディアより引用

 

というものでして、現在色々な事象に当てはめられて話されています。

例えば、

  • 販売店の売り上げの8割は、そのお店の全顧客の2割から生み出されている。
  • 商品の売り上げの8割は、全商品の2割から作られている。
  • 会社の売り上げの8割りは、全社員の2割から生み出されている。

みたいな感じです。

まぁざっくり言ってしまえば、「世の中の事象(特に経済)は、なんでも80:20で考えられるよ」って話しですね。

 

興味深いパレートの法則

 

この80:20の法則なんですが、わたし的には非常に興味深いなぁと思いました。

ほとんどが「ふむふむ」と納得出来てしまうわけですw

更には、この法則をちょっと派生させたもので

  • 集団とは、2割の優れた人と6割の普通な人と2割の落ちこぼれで必ず構成される

こんな話しもあるんですよ!

みなさんも世の中の色々な大きい集団に当てはめて考えてみて下さい。

「確かにそうかも~」って思いませんか!?

 

東大生の中でも落ちこぼれがいるってこと

 

この話しで興味深いことがあります。

例えば、優秀な進学校の高校に通っていた学生がいたとしましょう。

この学生は成績も学年トップなので、間違いなく学年の中では「2割の優れた人」に属します。

非常に優秀なのに加え、一所懸命勉強をして東大に合格しました。素晴らしいことです。

しかし、東大生となったこの学生は東大の自分が在籍するクラスでは、成績は下から数えて一桁台の成績でした。

つまり、東大生の中では「落ちこぼれの2割」に属してしまう、ということです。

 

…。

なんと言えばいいのでしょうか。

井の中の蛙。とか、、

まぁ上には上がいるってことなのか。。。

 

とにかく面白い話ですよね。

世間的に見たら「東大生」ってだけで、抜群に頭がいいってことは間違いない訳じゃないですか。

でも東大生の中で考えれば必ず「落ちこぼれ組」は存在してしまう訳です。

 

パレートの法則から行政書士試験合格率の話

 

さて。行政書士試験の話しです。

これらパレートの法則は、行政書士試験勉強組にも当てはめられるでしょう。

 

とても勉強を頑張っている2割の人。

普通に勉強はしている6割の人。

全然勉強してない2割の人。

 

合格というご褒美を貰えるのは、もちろん「とても勉強を頑張っている2割の人」に属している人だけです。

しかし!

行政書士試験の合格率から考えれば…

「とても勉強を頑張っている2割の人」の中から選りすぐりの人だけが「合格」というご褒美が貰えるってことです。

厳しい話しですが、行政書士試験勉強組の「とても勉強を頑張っている2割の人」に属しているだけでは、行政書士試験に100%合格することは出来ないということです。

 

ただ、運よく合格出来た私の経験から言わせてもらえれば、正にこのパレートの法則の通り、全体の2割くらいの人が合格してもおかしくない実力はあると思います。

2割の人の合格、不合格はホント細部の差で決まっていると思います。

記述での失敗。

一般知識での足きり。

その他ケアレスミス。

こんな感じで、行政書士試験もなかなか難しく上手いこと構成された試験ですから、合格出来る知識量や実力を持っていたとしても、ホント運悪く不合格となってしまったなんて場合もあり得るんですよ。。

 

全体の2割の更に2割を目指そう!

 

ですから、まず大切なことは「とても勉強を頑張っている2割の人」に属すということ。

これは合格を本気で目指しているのならマストです。

そして不必要に不安にならずに、自分の出来る限りのことをやって成長していくことが大切だと思います。

そして、「とても勉強を頑張っている2割の人」の中の、更に「とても勉強を頑張っている2割の人」に属してやる!くらいの気持ちで挑もうじゃありませんか!

こんな前向きで強い気持ちがとっても大切です。

 

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
クリックしていただけると記事更新の励みにもなります!

行政書士試験の入口を正す~簡単だとか、難化傾向だとか~

再受験者への注意喚起~私も陥った2年目の罠~

 

PS.

この時期から不必要に不安に思うことはありません。

とにかく必死で勉強を頑張りましょう。このとき大切な事は間違った勉強法で頑張らない事です。

大切なのは正しい勉強法で頑張る事。これが合格への一番の近道となります。

このブログでも私が経験したこと、学んだことから色々な勉強法を紹介していますので、疑問点等ありましたらなんなくお問い合わせ下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

独学者の輪~無料会員コミュニティ~

独学者の輪

最短で180点をクリアする勉強法

<まずは気軽に無料相談>

無料相談

過去問についての記事

  1. 危険度は

    行政書士試験の過去問に対する勘違い。あなたの危険度は?

    資格試験において過去問の重要性はもはや説明の必要もないでしょう。 それは行政書士試験においても…
  2. 行政書士独学勉強法

    独学者なら知っておきたい。過去問から学ぶべき4つのポイント

    資格試験を合格するためには、過去問が重要なものになることはもはや当たり前。 大事なのはどのよう…
  3. テキスト六法って買い直すの?

    行政書士試験 再受験者の悩み!テキスト、六法って買い直すの?

    行政書士試験に何度も挑戦したことがある人、又はこれから2回目、3回目の挑戦を考えている人。 み…
  4. 行政書士試験過去問の捉え方

    独学者へ届け!行政書士試験の過去問の捉え方。

    以前にもお話ししました。 いわゆる「過去問を制するものは資格試験を制する」…
  5. 六法との付き合い方

    愛すべき”六法”との付き合い方

    巷では、行政書士試験に合格する為には「六法なんて必要ない」みたいな意見も目にします。 あなたは…

<業界最安値>充実のeラーニング付き

スポンサーリンク

アンケート実施中

あなたが一番不安な科目は何ですか?

View Results

Loading ... Loading ...

ピックアップ記事

  1. 行政書士試験の難易度
    世の中では、 「簡単○○日で行政書士試験に合格出来る勉強法」 こんなものを目にしたり、…
  2. 行政書士試験学習進め方
    国家試験を受験するにはだいたい複数の科目を勉強しなければいけません。 それは行政書士試験にもい…
  3. 行政書士試験の目的に対するアプローチ
    本日は「目的に対してのアプローチの仕方」についてのお話をしたいと思います。 ○○になりたい~…
  4. 新しい問題に対応出来ない
    行政書士試験を難しいものにしているものの一つ。 それは、記述式の問題3問でしょう。 &n…
  5. 今回は行政書士試験の本試験会場に何を持っていくか? というお話です。 この記事、本試験が…
オススメ模擬試験
ページ上部へ戻る