「質」×「量」=最強

スポンサーリンク

思考力を鍛える勉強法

 

行政書士試験の勉強をしていく中で、

「質を重視すべきか」「量を重視すべきか」

最近こんな質問を頂きました。

行政書士試験の勉強は質か量か

 

早々に結論を言ってしまうなら、、、

どっちも大事です!!!

 

何よりも気をつけて欲しいこと

 

まず、この議題で私が何よりも気をつけて欲しいことがあります。

それは、行政書士試験の合格を目指し勉強していく中で

勉強の方法(質)を無視して、闇雲に(量)をこなすこと

これです。

 

「何年もかけて合格すればいいや~」

という人ならば質の部分はそこまで気にせずに闇雲に量をこなしてもいいのかもしれません。

しかし、

「今年で合格するぞ!」

っていう気合いを持っている人は、本当に、本当に、注意しなければいけません。

闇雲に量をこなすだけで合格出来るほど、近年の行政書士試験はあまくないのです。

 

質を無視することで生じる負の連鎖

 

闇雲に量をこなすこと。

その行為になぜ私がこんなに危機感を促すのか?

説明していきましょう。

 

「多大なる量をこなす」という行為には、多大なる苦労が伴います。

そして、多大なる苦労をしながらでも多大なる量をこなしている訳ですから、そこには計り知れない努力、頑張りがあるはずです。

その努力、頑張りはあなたに”充実感”や”達成感”を与えてくれるでしょう。

当たり前です。苦労して頑張っているんですから。

それなりの”充実感”や”達成感”は味わって当たり前です。

また、その”充実感”や”達成感”が「また明日も頑張ろう」と思わせてくれる要因の一つにもなるはずです。

 

しかし。

行政書士試験に対する戦略性の薄い、質の伴わない勉強で莫大な量をこなしたとしても、、、

結果は無残なものになります。。

 

なぜかって?

行政書士試験は択一問題が多いせいで大勢の人(特に初学者の方)が勘違いしてしまうのですが、

択一問題だとしても、行政書士試験の問題は、聞かれたことに対して正確に理解出来ていないと正解を導きだすことは不可能です。

「なんとなくわかっている」ような状態では、頭の引き出しから正解をアウトプットすることは出来ないのです。

それくらいのレベルの問題が出題されています。

それくらい細かいことを聞いてきます。

それくらい難しい国家資格の試験なのです。

私は痛いほど経験済みです。。⇒デメキンの行政書士試験独学合格体験記②

 

そんな難しい試験なのに、、質を無視して闇雲に量をこなしていくと、、

”充実感”や”達成感”を得ていた分、その反動は大きいものになります。

模擬試験での結果や、本試験結果での不合格という烙印は、とてつもなく重たくのしかかってきます。

立ち直ることは難しいし、最悪の場合は早々に行政書士試験というものから離脱していく、諦めてしまう、ということに繋がってしまうでしょう。

だからこそ声を大にして言っているのです。

行政書士試験に短期合格するためには、勉強の質というものが、とてもとても大切なファクターなんですよ!と。

 

「質」×「量」=最強

 

しかし、勘違いしてはいけません。

勉強の質(戦略性、方法)を高める。

その質を高めたからといって、勉強が”楽になる”ってことでは、決してないんです。

「質」の高い勉強方法によって「量」をこなす。

これで初めて”最強”となるのです。

 

確かに「質の低い」勉強方法と比べれば、「質の高い」勉強方法のほうが「量」は必要ないかもしれません。

でもこれは、「量」がいらないという訳ではないんです。(そもそも短期合格を目指しているなら当たり前です)

「量」は大事です。

「量」を重ねて、重ねて、重ねていく。

人間はこの方法でしか成長出来ないんですから。

 

「質」だけ高めても成長は出来ないのです。

「量」こそが自分を成長させてくれる唯一の方法です。

 

質×量=最強

 

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
クリックしていただけると記事更新の励みにもなります!

 

P.S.

「質×量=最強」の気持ちを持って、毎日コツコツと一歩づつ前に進んでいくことでしか成長は出来ないってことですよね。

最後に野球のイチロー選手の言葉を紹介しておきます。

小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道

 

合格という栄光を掴み取りましょう!

 

【関連記事】

濃霧の森で彷徨っている方へ。「大丈夫。一歩一歩前へ進もう」

【オススメ教材記事】

行政書士試験のオススメ教材【通信教育のフォーサイト】

行政書士試験のオススメ教材【問題集】

行政書士試験のオススメ教材【六法と模擬試験】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

独学者の輪~無料会員コミュニティ~

独学者の輪

最短で180点をクリアする勉強法

<まずは気軽に無料相談>

無料相談

過去問についての記事

  1. 危険度は

    行政書士試験の過去問に対する勘違い。あなたの危険度は?

    資格試験において過去問の重要性はもはや説明の必要もないでしょう。 それは行政書士試験においても…
  2. 行政書士独学勉強法

    独学者なら知っておきたい。過去問から学ぶべき4つのポイント

    資格試験を合格するためには、過去問が重要なものになることはもはや当たり前。 大事なのはどのよう…
  3. テキスト六法って買い直すの?

    行政書士試験 再受験者の悩み!テキスト、六法って買い直すの?

    行政書士試験に何度も挑戦したことがある人、又はこれから2回目、3回目の挑戦を考えている人。 み…
  4. 行政書士試験過去問の捉え方

    独学者へ届け!行政書士試験の過去問の捉え方。

    以前にもお話ししました。 いわゆる「過去問を制するものは資格試験を制する」…
  5. 六法との付き合い方

    愛すべき”六法”との付き合い方

    巷では、行政書士試験に合格する為には「六法なんて必要ない」みたいな意見も目にします。 あなたは…

<業界最安値>充実のeラーニング付き

スポンサーリンク

アンケート実施中

あなたが一番不安な科目は何ですか?

View Results

Loading ... Loading ...

ピックアップ記事

  1. 行政書士バッジコスモス
    私は行政書士試験に合格した後、受験生の悩みや相談を聞いたりしています。 人それぞれ悩んでいるこ…
  2. 昔の私が予備校に通っていたとしても
    その昔、私はあまったれた男でした。 その昔、私は他力本願な男でした。 その昔、私は責任感…
  3. 行政書士試験問題集
    またまた、私がオススメする、というか実際に行政書士試験の勉強で使用してよかったものを紹介するシリーズ…
  4. 危険度は
    行政書士試験を再受験しようとしている人は、初チャレンジの人と比べて、スタート地点…
  5. 今回は行政書士試験の独学者の方なら誰もが一度は通る、経験してしまう勘違いについてお話しようと思います…
オススメ模擬試験
ページ上部へ戻る