行政書士試験の再受験者に送る基礎、基本、軸。

スポンサーリンク

危険度は

 

行政書士試験を再受験しようとしている人は、初チャレンジの人と比べて、スタート地点から勉強時間、本試験の受験経験という点で上を行っていることは確かです。

しかし、再受験者ならではの、気をつけなければならない点が意外と多くあったりします。

私が嫌と言うほど経験した…再受験者の注意喚起シリーズです。

再受験者が陥りやすい罠

 

再受験者が思う「そんなの知ってる」

 

行政書士試験の再受験者の方なら、一度は思ってしまったことがあるのではないでしょうか。

過去問を見て。

頻出条文を見て。

「そんなのもう知ってる」

 

実際、私も二回目の再受験のとき

「こんなのもう知ってるわ」

「そんなことよりもっと深い知識を~~~」

こんなことを思っていました。

 

でも、ですよ。

果たして本当ですか?

本当にもうわかっているんですか?

ということです。

 

再受験者は決して上級者では、ない。

 

いくら初学者に比べて、勉強時間を重ねている、本試験経験があるといっても、勘違いしてはいけません。

不合格だったのですから。

再受験者も初学者も立っているラインは一緒なのです。

再受験者だからといって、行政書士試験上級者ということではないのです。

この部分を勘違いしてしまうことは、はっきり言って、再受験者が初学者よりも成長速度を遅らせることになってしまいます。

ましてや、

「そんなのもう知ってる」

と思った基本的な部分を本試験で間違えていたのなら、、、

根本的に考え方を見直す必要があると思います。

 

基礎、基本、軸

 

イチロー選手が手前で急激に変化するボールに瞬時に反応して、ヒットを打つ事が出来るのは何故でしょうか。

小さい頃から素振りという基本的な作業を続け、身体の”軸”を鍛え、日々その作業を繰り返し、自分の感覚をトップレベルで研ぎ澄ましているからでしょう。

だからこそ急激な変化にも対応が出来るのです。

事実、イチロー選手も

小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただ一つの道だ

と言っています。

 

スケートの浅田選手はなぜあんな華奢に見える身体で、何回転ものジャンプが出来るのでしょうか。

それは小さい頃から基礎的なジャンプを練習することで、身体の”軸”をしっかり鍛えているからこそ成せる技ということです。

だからこそ身体の軸をブラさず、空中であれだけの回転を行えるのです。

 

この事実から私たちが学ばなければいけないこと。

それは、

基礎、基本を大切に重ねていくことで、しっかりとした”軸”が出来上がり、そこから初めて応用力が付いてくるということです。

再受験者のみなさん、

あなたは自分が行政書士試験の基礎、基本、軸をしっかり持っていると胸を張って言えますか?

 

持っていないことは決して恥では、ない。

 

勘違いしなくて大丈夫です。

再受験者だからといって、基礎、基本が身に付いていないということは決して恥ずかしいことではありません。

というか、基礎、基本がしっかり付いている人が合格するのであり、不合格だった人はだいたい基礎、基本を疎かにしていることが多いのです。過去の私がまさに、まさにこれでした…。

 

大切なのは、この事実をいち早く受け止め、理解し、改善するための行動をすることです。

 

気をつけましょう。

一度、「完全に覚えた」と思っていた基本的な部分も数ヶ月確認しないでいると「完全」という文言は消え去っているものです。

基本的な部分はしつこい位繰り返し覚えていく作業をすること。

それが自身の成長速度を早め、合格という栄光へと導いてくれるのです。

 

◇次にオススメの記事◇↓↓↓

再受験者の悩み!テキスト、六法って買い直すの??

 

にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ
にほんブログ村
クリックしていただけると記事更新の励みにもなります!

行政書士試験の独学者が一度は通る勘違い

基本が大事って言うけれど…

通信教育フォーサイトの評判、口コミ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

独学者の輪~無料会員コミュニティ~

独学者の輪

最短で180点をクリアする勉強法

<まずは気軽に無料相談>

無料相談

過去問についての記事

  1. 危険度は

    行政書士試験の過去問に対する勘違い。あなたの危険度は?

    資格試験において過去問の重要性はもはや説明の必要もないでしょう。 それは行政書士試験においても…
  2. 行政書士独学勉強法

    独学者なら知っておきたい。過去問から学ぶべき4つのポイント

    資格試験を合格するためには、過去問が重要なものになることはもはや当たり前。 大事なのはどのよう…
  3. テキスト六法って買い直すの?

    行政書士試験 再受験者の悩み!テキスト、六法って買い直すの?

    行政書士試験に何度も挑戦したことがある人、又はこれから2回目、3回目の挑戦を考えている人。 み…
  4. 行政書士試験過去問の捉え方

    独学者へ届け!行政書士試験の過去問の捉え方。

    以前にもお話ししました。 いわゆる「過去問を制するものは資格試験を制する」…
  5. 六法との付き合い方

    愛すべき”六法”との付き合い方

    巷では、行政書士試験に合格する為には「六法なんて必要ない」みたいな意見も目にします。 あなたは…

<業界最安値>充実のeラーニング付き

スポンサーリンク

アンケート実施中

あなたが一番不安な科目は何ですか?

View Results

Loading ... Loading ...

ピックアップ記事

  1. 行政書士試験合格証
    行政書士試験に合格する為の条件はなんですか? 法令等科目の得点が、満点の5…
  2. 行政書士試験合格の近道
    人間は誰しも 「楽をしたい」 こんなことを思いますよね。 私は、「楽をしたい」って…
  3. 私がこのブログを通して行政書士試験に挑戦している人に対して何を伝えられるのか? まずはっきりと…
  4. 1月のワースト記事
    やると言ったからにはやりますよ~ このブログを見ている方が1月の記事でどれが一番興味がなかった…
  5. 行政書士独学勉強法
    資格試験を合格するためには、過去問が重要なものになることはもはや当たり前。 大事なのはどのよう…
オススメ模擬試験
ページ上部へ戻る