行政書士試験本番。捨て問で時間を使うな!

スポンサーリンク

行政書士試験捨て問

今回は行政書士試験の本番対策編。

捨て問に時間は使うな!というお話です。

 

いわゆる捨て問とは?

行政書士試験は、全部で60問の問題があります。

この問題数が多いか少ないかは別として、この60問は全て同じ重要度ではありません。(こちらの記事でも触れています。参考まで。)

 

例えば記述の問題は1問20点の3問で計60点になりますから、配点数を考えればかなり重要なファクターになりますので、決して捨てることは出来ません。

ただ全体的に見れば選択問題の中では、捨て問というものも存在しています。

捨て問とは、

  1. 他の受験者も解けないような問題
  2. 突拍子もない問題
  3. どう考えても分からない問題

のことを言います。

 

捨て問に時間を使うことはもったいない

①の他の受験者も解けないような問題とは、正解率の低い問題のことを言います。

行政書士試験とは絶対評価の試験です。180点以上獲れていて一般知識の足きりラインをクリアしていれば誰でも合格出来るのです。つまり他の受験者と競う必要はありません。正解率が低いような難しい問題を解くんだ!と意気込む必要はありません。

 

②の突拍子もない問題とは、毎年1問くらいあります。論点が初めて出されるような問題だったり、内容的に「関係あるか?」というような問題です。

やはり①と同じで正解率も低くなる傾向がありますので、「絶対解いてやる!」と無駄に時間を使う必要はないのです。ただし、このような問題も内容はしっかり見ないといけません。突拍子もない問題=難しいとは限らず、内容が分からずとも解けるような問題の可能性もあります。

 

③のどう考えてもわからない問題に関しては、本試験においては、ここで時間を使ってもしょうがありません。①と②と違う点としては、自分の知識不足が招いたもの、ということですね。

もちろんこうならないように勉強時間を重ねて本試験に臨む訳ですが、いざ本番でこうなってしまったらしょうがありません。ここで無駄に時間を使ってしまい、解けるはずの問題に手が回らなくなってしまうというような負の連鎖だけは避けなくてはいけません。

 

以上が捨て問に時間を使ってはいけない理由になります。

 

長文でもない択一問題1問に10分も使ってはいけない

行政書士試験の試験時間である180分の中で60問を解くという事は、1問あたり3分で解いていくという計算になります。

しかし全体を見れば、記述式の問題や文章理解問題、しいては民法の択一問題など、1問3分で解くことが厳しい問題もたくさんあります。それらを踏まえて考えると、目安として1問2分くらいで解いていくリズムを意識したほうがいいでしょう。

間違っても本試験で択一問題1問に10分も時間をかけてはいけません。

 


人気ブログランキングへ
デメキンからの応援メッセージはこちらからご覧下さい。
クリックしていただけると記事更新の励みにもなります。

 

本試験までの直前気にやってはいけないこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

独学者の輪~無料会員コミュニティ~

独学者の輪

最短で180点をクリアする勉強法

<まずは気軽に無料相談>

無料相談

過去問についての記事

  1. 危険度は

    行政書士試験の過去問に対する勘違い。あなたの危険度は?

    資格試験において過去問の重要性はもはや説明の必要もないでしょう。 それは行政書士試験においても…
  2. 行政書士独学勉強法

    独学者なら知っておきたい。過去問から学ぶべき4つのポイント

    資格試験を合格するためには、過去問が重要なものになることはもはや当たり前。 大事なのはどのよう…
  3. テキスト六法って買い直すの?

    行政書士試験 再受験者の悩み!テキスト、六法って買い直すの?

    行政書士試験に何度も挑戦したことがある人、又はこれから2回目、3回目の挑戦を考えている人。 み…
  4. 行政書士試験過去問の捉え方

    独学者へ届け!行政書士試験の過去問の捉え方。

    以前にもお話ししました。 いわゆる「過去問を制するものは資格試験を制する」…
  5. 六法との付き合い方

    愛すべき”六法”との付き合い方

    巷では、行政書士試験に合格する為には「六法なんて必要ない」みたいな意見も目にします。 あなたは…

<業界最安値>充実のeラーニング付き

スポンサーリンク

アンケート実施中

あなたが一番不安な科目は何ですか?

View Results

Loading ... Loading ...

ピックアップ記事

  1. 今回は行政書士試験の本試験会場に何を持っていくか? というお話です。 この記事、本試験が…
  2. 『学習』としての問題との向き合い方
    行政書士試験の勉強を進めていく上で、過去の試験問題や問題集の問題を解いたりするこ…
  3. 合格証(横)
    わたくしデメキンが行政書士試験に挑んで、合格するまでのちょっとしたストーリーを赤…
  4. 行政書士試験があるの11月の第二日曜です。 つまり秋が深まりだす10月はまさに直前期といえます…
  5. わたしも行政書士試験の合格を目指していたあの直前期。。 たくさんの不安な気持ちと闘っていました…
オススメ模擬試験
ページ上部へ戻る