行政書士試験に独学で合格するための勉強法 ~科目比重~

スポンサーリンク

行政書士独学勉強法

国家資格の試験にはそれぞれの特徴というものが存在します。

その中でも行政書士試験は結構”異質”なジャンルの試験ではないかと。。

だって謎に一般知識とかあるし。。その中に文章理解の問題とかもあるし。。。(仕事と関係ねーべってみんな突っ込んでると思う・・)

ですから最短で合格するためには、試験の特徴を理解し、勉強時間を費や科目の比重というものを考える必要があります。

 

行政書士試験を独学で合格する為には勉強法はとても大切

高いお金を払い予備校に通えば、有名な行政書士試験講師の先生にいつでも効果的な勉強法を教えてもらえるでしょうし、その予備校が組んだカリキュラム通りで行政書士試験合格を目指すこととなります。

しかし!

独学となれば、勉強法は自分で考えなければいけません

今回は、私の経験から10ヶ月間の勉強期間で行政書士試験に独学で合格する為の勉強法の基本の一つとして科目比重に関してお話ししていきます。

行政書士試験勉強法科目比重

 

行政書士試験の試験科目は、

  • 憲法
  • 民法
  • 行政法
  • 商法
  • 一般知識

の大きく分けて5科目となります。

この中でもポイントとなるのは絶対的に行政法と民法です。

なぜなら行政書士試験は300点満点中、188点が行政法と民法で占めているのです。

 

行政法+民法の188点の内訳を定義する

188点配点の内訳はこちら↓

  • 【法令5肢択一】

行政法4点×19問=76点

民法4点×9問=36点

  • 【法令多肢選択】

毎年の傾向として、3問中2問が行政法か民法。

1問が2点×4つ=8点、2問で16点

  • 【法令記述】

毎年の傾向として、3問中3問が行政法か民法。

1問が20点で3問出題されるので60点

合計188点

※詳しい試験概要はこちらでご確認下さい。

 

一般知識のこと(対策)も忘れてはいけません

わかっていただけますか?

行政書士試験は、全体の6割以上が行政法と民法で構成されているのです。

そして行政書士試験の合格ラインが全体の6割の180点ですから、極端な話、行政法と民法だけ勉強して満点をとれば合格出来てしまうということです。

必然的に行政法と民法に一番比重を置かなくてはなりません。

 

あとは、一般知識も舐めてかかれない科目です。

なぜなら、一般知識には足きりがあるからです。。

一般知識は、4点×14問で56点分出題されるのですが、56点の4割以上得点を稼がないと、全体の点数が180点を超えても不合格となってしまうのです。

つまり最低でも一般知識で6問は正解しなければ合格出来ないのです。

 

まとめ

以上のことを踏まえ、

私が提案する行政書士試験に独学で最短で合格する為の勉強法としての科目比重は、

  • 行政法 3.8
  • 民法 3.8
  • 一般知識 1.1
  • 憲法 1.1
  • 商法 0.2

です!!!

 

むしろ行政法と民法にはもっと比重を置いてもいいんじゃないか!っていうくらい。。

途中、行政法と民法以外の科目のことが不安になるとは思いますが、行政書士試験に独学で最短で合格するためにはこの比重を基本としていいと思います!ご参考までに。

この比重を基本ベースとし、途中途中でそのときの自分の現状を確かめて変更を加えるなら加えるなどしていくのがベストかもしれませんね!

 

◇次のオススメ記事◇↓↓↓

行政書士試験を独学で合格するテキスト選びとは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

独学者の輪~無料会員コミュニティ~

独学者の輪

最短で180点をクリアする勉強法

<まずは気軽に無料相談>

無料相談

過去問についての記事

  1. 危険度は

    行政書士試験の過去問に対する勘違い。あなたの危険度は?

    資格試験において過去問の重要性はもはや説明の必要もないでしょう。 それは行政書士試験においても…
  2. 行政書士独学勉強法

    独学者なら知っておきたい。過去問から学ぶべき4つのポイント

    資格試験を合格するためには、過去問が重要なものになることはもはや当たり前。 大事なのはどのよう…
  3. テキスト六法って買い直すの?

    行政書士試験 再受験者の悩み!テキスト、六法って買い直すの?

    行政書士試験に何度も挑戦したことがある人、又はこれから2回目、3回目の挑戦を考えている人。 み…
  4. 行政書士試験過去問の捉え方

    独学者へ届け!行政書士試験の過去問の捉え方。

    以前にもお話ししました。 いわゆる「過去問を制するものは資格試験を制する」…
  5. 六法との付き合い方

    愛すべき”六法”との付き合い方

    巷では、行政書士試験に合格する為には「六法なんて必要ない」みたいな意見も目にします。 あなたは…

<業界最安値>充実のeラーニング付き

スポンサーリンク

アンケート実施中

あなたが一番不安な科目は何ですか?

View Results

Loading ... Loading ...

ピックアップ記事

  1. 行政書士試験に合格するためには、どのように勉強していくのか、その方法が大切となります。 なぜな…
  2. 行政書士を目指すなら
    冒頭から、質問です。 あなたは何故、行政書士試験の合格…
  3. 行政書士試験フォーサイト過去問
    今回は私が使用した通信教育のフォーサイトについて、少しお話をしようと思います。 世間でも様々な…
  4. 行政書士試験合格までの費用
    「出来るだけお金はかけないで合格しよう」 行政書士の試験に挑戦しようと決意した当初、こんなこと…
  5. 行政書士試験合格証
    ここまで1ヶ月半がむしゃらに勉強を始めて、それでも行政法と民法には自信がついてきました。 (1…
オススメ模擬試験
ページ上部へ戻る